WordPressで画像アップロードするとHTTPエラーになるときの対処法

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。

WordPressのインストール・初期設定が終わって、さて、いよいよ記事を投稿しよう!と思い、記事に使用する画像をアップロードすると「HTTPエラー。」と表示され、あっさり却下されてしまうことがあります。

私も初めてWordpressをさわったときに悩まされた経験があります。
何度アップロードを使用としても、同じメッセージ。
正常にアップロードが完了しません。

あー、いらいら。
泣きたくなります。

そんなときでも、落ち着いて行動しましょう。
HTTPエラーは必ず解決できるからです。

なお、この対処法はXserverを想定したものになっていますので、ご了承ください。

対処法1 別のアップロード方法を試してみる

画像のアップロード方法はいくつかあります。

通常は、投稿画面の中で、画像を挿入したい場所にドラッグ&ドロップして画像をアップロードすることが多いかと思います。
アイキャッチ画像の場合は、投稿画面のアイキャッチ画像を設定するところからアップロードするでしょう。

ここでHTTPエラーが発生した場合は、別のアップロード方法を試してみましょう。

それは左側のメニューから「メディア」>「新規追加」を選択してアップロード画面を開きます。

ここにドラッグ&ドロップしてアップロードしてみるか、このページの解説に書いてあるように「うまくいかない場合はブラウザーアップローダー」を試してみましょう。
ブラウザーアップローダーというのはこちら。

このページからアップロードしてみて、同じエラーが発生するか確認してみましょう。
以前この方法でエラーが出なかったことがありますので、やってみる価値はあります。

もしこのページでアップロードして「Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded」というエラー内容が表示された場合、30秒でタイムアウトしたという意味です。

そこで、対処法2に進みます。

対処法2 Xserverの「php.ini」を変更

この方法は、今度はWordpressのページから一度離れて、Xserverの管理ページで設定します。

Xserverにログイン、「サーバー」設定に進み、「PHP」項目の「php.ini設定」を選択します。

該当するドメイン名を選択して進むと、ずらーっと、難しそうな項目が並んでいます。
前半部分はすっ飛ばしていただいて、「その他の設定」>「max_execution_time」を探します。

初期設定ではここが「30」の数値になっていると思います。
「30」と聞いて思い起こすのが、先述した通り30秒でタイムアウトしたということ。

Xserverの解説にはこう書かれています。

無限ループなどにより永続的に実行されているスクリプトが、強制終了されるまでの時間を秒単位で指定します。

この数字を変更します。
具体的には「30」を「60」に変更してあげます。
もちろん、半角数字であることをお忘れなく。

たったこれだけです。簡単でしょ?

あとは、ページ下の「設定変更」を押して、確認画面へ。
確認画面の内容を確認して一番下の「設定する(確定)」を押します。
「php.iniの編集が完了しました。」と書かれたページに進めば設定が完了していることになります。

php.iniの編集の他にも、「.htaccess」を編集する方法もありますが、
やっていることは同じなので、簡単なphp.iniの編集でよいと思いますよ。

対処法3 functions.php設定

これでも画像アップロードにエラーが発生する場合、Wordpressの設定ファイルである「functions.php」で設定してあげる必要があるかもしれません。

これは中級向けの設定になりますので、注意して設定してください。

具体的には、Wordpressがインストールされているサーバーの場所>「wp-content」>「themes」>テーマ名称>「functions.php」を探し開きます。

ファイルを開いて、一番下にでも下記をコピペして保存してください。

//画像アップエラー対策
add_filter( ‘wp_image_editors’, ‘change_graphic_lib’ );
function change_graphic_lib($array) {
return array( ‘WP_Image_Editor_GD’, ‘WP_Image_Editor_Imagick’ );
}

以上で、設定は完了。
画像アップロードができるかどうか確認してみてください。

僕の場合、以上の設定により、一度で画像のアップロードができるようになりました。

対処法4 画像関係のプラグインの停止

これについては個々の事情によって対処法になるかどうかわかれますが、Wordpressの画像関係のプラグインを停止するという方法があります。

その代表例とされているのが、画像圧縮系のプラグイン「EWWW Image Optimizer」です。

サイト表示の高速化に欠かせないプラグインの一つなのですが、
どうしてもエラーが出るんだけど、このプラグインを停止したら直った、という方は、この方法しかないのかもしれません。

是非一度お試しください。

【オススメ】サーバー選びならXserver一択!

サーバーを選ぶ場合、Xserver(エックスサーバー)一択だと思っています。

これまで様々なサーバーを試してきましたが、Wordpressがサクサク動き、サーバーが止まることがほぼほぼないことが理由の一つです。

また、無料SSLや、一つのサーバーで複数のドメインを管理可能なことなども大きな理由。無料お試し期間もあるのでぜひ試してみてくださいね!

Follow me!