PCの処理速度が遅くてメモリ増設したらサクサク動いた件

NEC LAVIE のノートパソコンでWindows10を使っていますが、悩まされるのが、処理速度の遅さ。使っているうちにだんだん遅くなっていきます。

常駐ソフトを外したり、ウィンドウのアニメーション処理をなくしたり、できることはやっていますが、それでも遅くなるもの。

AdobeのIllustratorやPhotoshop、特にPremiere Proといった高機能なソフトウェアを使う頻度が高いので、使っているとフリーズしてしまうこともしばしば。

特にひどいのは、Canonの一眼レフカメラで撮影したスチール画像の現像ソフトDigital Photo Professional4を使っていると、RAW現像中にフリーズが発生し、まったく仕事になりません。

あるときは、フリーズで電源を強制終了しなければならず、再起動後にDPP4を起動してRAW現像をしようとすると進まなくなるという現象が発生。

Canonのカスタマーサービスに電話して解決方法を教えてもらったら、「C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Local\CANON_INC\」内のキャッシュフォルダを全削除すると、うまくいくことがわかりました。フリーズのたびに毎回これをしないといけないのが面倒で仕方ありませんでした。

パソコンに負担をかけるソフト
・Canon Digital Photo Professional4(写真現像ソフト)
・Adobe Premiere Pro CC(動画編集ソフト)

パソコンは2016年モデルですが、当時最高スペックで、Intel CORE i7とCPUは最高。

パソコンの処理スピードを上げるためにさまざまな対策をしてきましたが、もう限界。ということで、メモリ増設をすればいいんじゃね?というところに落ち着きました。

実はNEC LAVIE NS750/Eは、もともと8GBのメモリが入っていますが、最大16GBのメモリにすることができます。つまりあと8GBメモリ増設することができるわけです。

Amazonで調べてみると、5000円くらいで売っているではありません。これくらいの出費でパソコンの処理速度が上がるなら、ということで、購入して装着してみることにしました。

使用するメモリを調べよう

まずは、パソコンに適合したメモリを選ぶ必要があります。どの型番のメモリを選べばよいかは、パソコンメーカー(今回ならNEC LAVIE)の解説ページに記されています。メモリの選び方、メモリの装着方法などが書かれています。

私の使っているノートPCなら、次のものが推奨されていました。

12800 DDR3L 1600 204pin SO-DIMM  8GB 

増設メモリが8GBであることはしっかり確認しておきましょう。

Amazonを見れば、さまざまなメモリがありますが、どれも4000円台で販売されていました。Transcendの1.35V(低電圧)・1.5V両用タイプにしてみました。

Transcend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB 1.35V (低電圧) – 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM TS1GSK64W6H

装着する方法

メモリが届いたら、ノートPCの裏側をねじを外して開けます。

カバーを開けたら、金属部分などには触らないようにしましょう。
また、メモリの開封前に、水で手を洗ったり、静電気を除去しておきましょう。
メモリは金属部分に触らないように両端を手で持ちます。

長辺の端子の部分があります。切り込みがありますが、そこの部分を下にして、うまくはまるように斜めに差し込みます。その後しっかりと押し込んで、サイドにあるストッパーがパチっとハマれば装着成功です。

装着完了したのが下の図。

上が、もとから入っていた8GBのメモリ。下が、今回増設した8GBのメモリです。2つしか差込口がないので、これでマックスになります。

カバーを閉じて、パソコンの電源を入れてみましょう。

メモリ増設されたことを確認

パソコンの電源を入れて、ちゃんと起動したらOK。

ウィンドウズアイコンを右クリックして、「システム」を開いてちゃんとメモリ増設できているかを確認します。

バージョン情報の下の部分、「デバイスの仕様」の部分に、プロセッサの下に「実装RAM」の箇所があります。最初は8GBでしたが、今回の増設で16GBになっていれば成功です。

メモリ増設で快適サクサクに!

メモリ増設によって、ブラウザでページを開く速度、Youtubeなど映像を再生も問題なくサクサクと動くようになりました。

問題となっていた、Adobe Premiere Pro CCやCanon Digital Photo Professional4のソフトウェアも、快適です。

特にRAW現像する後者のソフトは、複数のRAW現像を同時に行ってもフリーズすることがなくなりました。どれだけ負荷をかけてもちゃんと現像を進めてくれるようになりました。

また、Adobe Premiere Proも、動画の編集や出力も、途中で止まったりすることなく、快適にサクサク動くようになりました。

ということで、パソコンの速度が遅くなったりフリーズなったりするようになって、パソコンの常駐ソフトを外したり不要ソフトのアンインストールしたりするなどしても改善しない場合は、メモリ増設を考えてみてはいかがでしょうか。

Follow me!