Windowsでフリーソフトを使わずに動画を結合する簡単な方法

ハンディカムや一眼レフカメラのムービー機能などを使って長時間の動画を撮影すると、動画ファイルが自動で分割保存されてしまうことが多いです。

これを一本の動画につなげたい。そんなときに、フリーソフトを使う必要はありません。Windowsならコマンドプロンプトを使ったほうが10倍速いです!

Windowsで動画を結合する理由

講演やイベントの動画を収録する時、三脚を立てて何時間も回しっぱなし。そんなとき、ファイルは自動で分割保存され、MTSファイルが3分割とか5分割とか、多い時は10分割とかされていきます。

YouTubeにそのままあげたいときもあると思います。そうすると、動画ファイルを結合しなければいけないのですが、フリーのものを含め動画編集ソフトで結合すると、結合編集するのはいいけど、そのあとの出力の時間を考えなければなりません。出力だけで何時間もかかってしまいますから、それは避けたいですよね。なんとか簡単に結合できないものか。。。

そんなときにWindowsユーザーにおすすめしたいのが、Windowsに標準装備されているコマンドプロンプトです。

コマンドプロンプトで動画結合する方法

下準備として、結合したいファイルはすべて同じフォルダ内に入れておきます。

Windowsのスタートボタンから「Windowsシステムツール」>「コマンドプロンプト」もしくは、名前を入力して検索するのであれば「cmd」と入力して、黒い画面を立ち上げます。

いくらか文字がすでに入力されているわけですが、それは気にせず、下記のテキストを半角英数字で入力します。最初はドライブ名(例ではCドライブです)、続いてフォルダ階層を書いていきます。フォルダはスラッシュではなく「¥」になります。

cd C:\folders\moviedata(ファイルのあるフォルダ名までのパスを入力)

このようにしてエンターキーを押して動画フォルダを指定したら、続いて、動画ファイル名を確認します。今回は下記のファイルを順番に結合していきます。

00000.MTS
00001.MTS
00002.MTS
00003.MTS
00004.MTS
00005.MTS
00006.MTS
00007.MTS
00008.MTS

全3時間20分のイベント記録動画で、1~7までは3.98GB、最後は2.96GB、9ファイル合計サイズは34.8GBでした。

これらのファイルを00000.MTSから数字順に00008.MTSまでをつなげていきます。次のように入力します。

copy /b 00000.MTS+00001.MTS+00002.MTS+00003.MTS+00004.MTS+00005.MTS+00006.MTS+00007.MTS+00008.MTS movie.MTS

最初に「copy(半角スペース)/b(半角スペース)」としたあと、ファイル名を一つずつ「+」で区切って入力していきます。そして最後に「(半角スペース)movie.MTS」と、結合した動画ファイルの動画名を指定してあげます。全部半角英数字なので注意です。

そうしてエンターキーを押すと、一つずつファイルが読み込まれていきます。画面を閉じないようにしてください。

最後に「X 1個のファイルをコピーしました。」という表示が出たら完了です。

今回9ファイルを結合処理して「movie.MTS」ファイルを出力しましたが、かかった時間はわずか25分程度でした。パソコンが極度に遅くなることもなく、何事もなかったかのように出力されたので驚きです。

慣れれば簡単!Windowsユーザーは是非お試しあれ!

Follow me!