Xserverでメールアドレスを新規追加設定する方法

Xserverのサーバーを申し込み、独自ドメインを取得してサーバーに追加設定したら、
続いて、メールアドレスの追加設定しましょう。

なぜWordpressのインストール設定の前にメールアカウントを作成しておく必要があるかというと、Wordpressのインストール時にメールアドレスが必要になるからです。

では、メールアカウントを作成してみましょう!

手順1 メールアドレスを決める

まずは、メールアドレスを決めましょう。
独自ドメインを決めていますから、@マークの前の部分を決めることになります。

info@xxxx.com

通常、このように「info」である場合が多いですが、
それに捉われる必要はありません。

例えば、オフィス用と個人用のメールアカウントを作る場合、下記のようにしてもよいでしょう。

office@xxxx.com(オフィス用)
kazu@xxxx.com(個人用)

Xserverの場合、メールアカウントはほぼ無制限に近い形で作成することができます。
できるだけ短く、覚えやすいメールアドレスにしましょう。

手順2 サーバーパネルでメールアカウントを作成する

Xserverにログインし、「サーバーパネル」にログインします。

「メール」>「メールアカウント設定」をクリックし、
メールアカウントを追加するドメイン名をクリックします。

その後、「メールアカウント一覧」のページが表示されますが、まだメールアドレスがない状態では「現在、メールアカウントはありません」と記載があるかと思います。

そこで、「メールアカウント追加」タブを開きましょう。

そうすると、設定項目が出てきます。

メールアドレス:手順1で決めたメールアドレスの@マークの前を入力します。
パスワード:半角英数と指定された記号で8~15文字で決めましょう。
パスワード(確認):再度入力します。
容量:初期設定では300MBになっていますが、弊社では1000MBにしています。メールする際に添付ファイルが多い場合は多めに設定しましょう。この容量に達するとメールが受信できなくなりますのでご注意を。
コメント:必須項目ではありませんが、当該メールアカウントの用途について入力しておくとわかりやすいです。

入力したら「メールアカウントの作成(確認)」ボタンを押します。

続いて確認画面が表示されますので、確定させてください。

再度「メールアカウント一覧」を見てみると、新しく追加されているのがわかります。

「メールソフト設定」タブでは、
メールソフトで受信するためのPOP/SMTPサーバーとユーザー名について知ることができます。
設定時に参考にしてください。

手順3 転送設定

この手順では、すでにメインのメールアドレスを持っていて、
独自ドメインのメールアドレスに来たメールをそちらに転送したい場合に転送設定する方法です。

先ほどの「メールアカウント一覧」から、転送したいメールアカウントを選び、右側の「転送」ボタンを押してください。

「メールボックスに残すか」という設定では、メールボックスに残すかどうかの設定を行います。
メールボックスに残すとサーバーに蓄積されていき容量を圧迫しますので、転送する場合に限ってはここは「残さない」とするのがよいと思います。
それで、「設定の変更」ボタンを押し、確認ボタンを押します。

続いて、「転送先アドレス」欄に、転送先となるメインのメールアドレスを入力し、「転送設定の追加」ボタンを押します。

なお、転送先は幾つも設定することができます。
転送先は、最下部の転送先リストに一覧表示されることになります。

以上、Xserverにおけるメールアカウントの作成方法をご紹介しました。是非ご参考くださいね!

【オススメ】サーバー選びならXserver一択!

サーバーを選ぶ場合、Xserver(エックスサーバー)一択だと思っています。

これまで様々なサーバーを試してきましたが、Wordpressがサクサク動き、サーバーが止まることがほぼほぼないことが理由の一つです。

また、無料SSLや、一つのサーバーで複数のドメインを管理可能なことなども大きな理由。無料お試し期間もあるのでぜひ試してみてくださいね!

Follow me!