Xserverでドメインを取得し、サーバーに追加設定する方法

僕は皆さんにXserver(エックスサーバー)一択で激推ししています。
Xserverでは、当然独自ドメインの申し込み・取得やサーバーへの追加も行うことができるんです。

今回は、Xserverを想定して、独自ドメインを申し込み、サーバーに追加設定するまでの一連の流れをご紹介します!

手順1 追加のお申し込みをしてドメインを取得

まずは、Xserverにログインし、「インフォパネル」を開きます。

左側の「契約関連」>「追加のお申し込み」を開きます。
そうすると、利用規約と個人情報の取り扱いのお馴染みの長文が出てきますので、(ちゃんと読んで)「同意する」ボタンを押して次に進みましょう。

なお、Xserverで新規サーバー申し込みをした場合、ドメインを一つプレゼントされるキャンペーンが実施されていることがありますので、その場合は左側のメニューから、「各種お申し込み」>「プレゼントドメイン」を開き申請します。

さて、次のページでは「ドメイン」>「新規取得」を選択します。

そうすると、新規ドメイン取得のページに映ります。
「独自ドメイン」の欄に、希望するドメイン名と、「.com」「.net」「.org」など種類から選択し、検索ボタンを押します。

もし、空いているドメインであれば、次の画面に映るはずです。「お申込内容の確認」をクリックします。

再度確認画面が表示されますので、「お申し込みする(確定)」をクリックします。
確定すると、変更はできませんので、ちゃんとよーく考えて確定してくださいね。

続いて、料金の支払い画面に進みます。

手順2 料金の支払い

料金のお支払いページでは、該当するドメイン名を探して、
左端のチェックを入れたら、
更新期間を選択(通常は1年更新でよいです)、
「お支払方法を選択する」を押します。

続いて、支払い方法のページが出てきます。

銀行振込やクレジットカード、コンビニ支払などから選択できます。
今すぐドメインを使用したい場合は、クレジットカードが便利です。

今回はクレジットカード払いの例で進めてまいります。
クレジットカード番号や有効年月を入力するのは通常通りですが、
ここで注目したいのは、「自動更新設定を行う」にチェックマークを入れることです。
これにより、2年目以降の更新時に自動引落となり、支払い忘れがなくなりますので、おすすめですよ。

このあとは、確認画面となりますので、ボタンを押して支払い手続きを完了させてください。

手順3 サーバーにドメインを設定する

続いて、サーバーにドメインを設定する、つまり紐づける必要があります。
その設定方法をご紹介します。

Xserverログイン後の「インフォパネル」に戻り、「サーバーパネル」にログインします。
ログインボタンを押すと、サーバーパネルが開きます。

サーバーパネルに入ると、「ドメイン」>「ドメイン設定」のページを開きます。

そうすると、ドメイン一覧が出てきます。
ほかにドメインを取得していない場合は、一つしか表示されていないはずです。
ここで「ドメイン設定の追加」タブを開きます。

さきほど取得したドメイン名を入力します。
「ピリオド(ドット)」のあとも入力します。
「無料独自SSLを利用する」にチェックを付けておきましょう。
入力したら「ドメイン設定の追加(確認)」を押します。

次のページで、確認ページの内容を確認し、確定します。

設定完了確認画面で、無料独自SSL設定にエラーが発生することがあります。
僕のドメインでもそうなりました。
その場合は、別途SSL設定をする必要があります。

SSL設定がエラーになった場合

無料独自SSL設定がエラーになった場合は、「サーバーパネル」に戻って、「ドメイン」>「SSL設定」を開きます。

続くページで、新規取得したドメインを選択。
開いたページで、「独自SSL設定の追加」タブをクリックし、新規取得したドメインに対してSSLを設定します。

ひとまず、これでドメイン取得と料金支払い、サーバーにドメインを紐づける設定が完了したことになります。

この直後にドメインにアクセスしても、「無効なURLです」というメッセージが表示されますが、問題ありません。

設定が完了し、表示されるまでは1時間ほどかかりますので、
それまで続く設定、メールアカウントの作成、Wordpressのインストールと設定をしておきましょう。

手順4 mod_pagespeed設定

拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用することで、WEBサイトのコンテンツを最適化し、表示速度の向上および転送量の軽減を図ります。

そのため、最初に設定しておくのがおすすめです。

「サーバーパネル」の中に「mod_pagespeed設定」があります。

初期設定では「OFF」になっているので、「ONにする」ボタンを押すだけです。

続いて、メールアカウントの設定WordPressのインストール設定に進みます。

【オススメ】サーバー選びならXserver一択!

サーバーを選ぶ場合、Xserver(エックスサーバー)一択だと思っています。

これまで様々なサーバーを試してきましたが、Wordpressがサクサク動き、サーバーが止まることがほぼほぼないことが理由の一つです。

また、無料SSLや、一つのサーバーで複数のドメインを管理可能なことなども大きな理由。無料お試し期間もあるのでぜひ試してみてくださいね!

Follow me!